ネイティブがよく使う韓国語表現【별거 아니다】をマスターする。

韓国語でなんて言う?

アンニョンハセヨ、韓国語ずきのゆきーたです。

今回も、韓国語会話に度々登場する表現【별거 아니다】を紹介していきたいと思います。

ぜひ、ご一読ください。

ネイティブがよく使う韓国語表現【별거 아니다】とは?

【별거 아니다】 を分解してみると、

【별거】【별것】の縮約形、「珍しいこと、おかしなこと」

【아니다】=~ではない

となります。つなげて直訳すると「珍しいことではない」「おかしなことではない」となります。

会話では、

・取るに足らない

・つまらない

・たいしたことではない

というニュアンスでよく使われます。

ネイティブがよく使う韓国語表現【별거 아니다】の使い方

では、具体的な使い方を見ていきましょう。

별거 아닌 +名詞 / つまらない〇〇

よく使われるのが連体形【별거 아닌】という形です。

【별거 아닌 것(거)】 【별거 아닌 일】 とすれば「珍しいことではないこと」=「つまらないこと」という意味で使うことができます。

定番表現は【-가지고】(~で)と組み合わせた【별거 아닌 거 가지고】です。

별거 아닌 것 가지고 왜 그렇게 고민해

(つまらないことでなんでそんなに悩むの?)

별거 아닌 일로 화내지 마.

(つまらないことで怒らないで)

他にも「ごくごく普通のもの」というニュアンスで使うこともできます。

例えば、「ごくごく普通の特別な食べ物ではないけれど、本当においしい」というひょうなことを表現する場合、次のように言えます。

별거 아닌 음식인데 정말 맛있었다.

(ごくごく普通の食べ物だけれど、本当においしかった)

별거 아니지만 / たいしたことではないけれど・・・

逆接「~だけれども」を意味する【-지만】【별거 아니다】と相性ピッタリです。

【별거 아니지만】で、「つまらないことだけれど」「たいしたことではないけれど」という意味になります。

남들이 보면 별거 아니지만, 나에게는 큰 의미가 되는 날들이 있다.

(ほかの人が見たら大したことがないけれど、私には大きな意味がある日々がある)

있는 사람들에겐 별거 아니겠지만 없는 사람들에겐 큰 돈이에요.

(持っている人たちにはしたいことがないだろうけれど、お金のない人々たちには大金です)

별거 아닌데 / たいしたことではないけど・・・

【-ㄴ데】を付けた【별거 아닌데】もおなじみの表現です。

막상 해보면 별거 아닌데, 우리는 해보지도 않고 겁을 먹는일이 많다.

(実際にやってみたら、たいしたことではないのに、私たちはやっても見ないで怖がることが多い)

별거 아닌데 짜증나네요.

(たいしたことじゃないのに、イライラしますね)

별거 아니라서 / たいしたことではないから

【-라서】(~ので)を組み合わせて【별거 아니라서】にすれば「たいしたことではないから」という意味で使うことができます。

별거 아니라서 말 안 했어요.

(たいしたことじゃないから、言いませんでした)

당연하고 별거 아니라서 기억하지 못했어요.

(当然で、たいしたことではないので、覚えてませんでした)

별거 아니니까 / たいしたことではないので

理由を表す【-니까】を付けて【별거 아니니까】(たいしたことではないので)もよく耳にする表現です。

별거 아니니가 신경 쓰지 마세요.

(たいしたことじゃないので、気にしないでください)

이건 별거 아니니까 그냥 넘어가죠.

(これはたいしたことではないので、やり過ごしましょう)

별거 아니잖아요/ たいしたことではないじゃない

相手に「たいしたことじゃないじゃん!」と言いたいときには、【-잖아요】を付けて【별거 아니잖아요】とすればOKです。

하고 나니까 별거 아니잖아.

(やってみたらたいしたことないじゃない)

그거야 뭐 별거 아니잖아요.

(そんなことたいしたことじゃないじゃない)

いかがでしたでしょうか?

会話に本当に頻繁に登場する表現です。ぜひ、マスターして活用してみてください。

韓国語でなんて言う?
emronronをフォローする
ハングルプラス
タイトルとURLをコピーしました