ネイティブがよく使う韓国語表現【밥부터 먹자】をマスターする。

便利な表現

アンニョンハセヨ。韓国語ずきのゆきーたです。

韓国で仕事をしていた時のこと。韓国も日本と同じく残業がそれなりに多いのですが、日本との違いは、残業開始前に晩御飯をしっかり食べること。

「腹が減っては戦はできぬ」ということなのでしょう。

今回ご紹介する【밥부터 먹자】という表現は、さあ残業!というタイミングで私の韓国人上司がよく使っていた表現です。

【밥부터 먹자】 という表現、おなじみ会話表現であり、しかも 【밥부터 먹자】 で使われている【부터】を応用すればいろんな文が作れます!

ぜひ、ご一読ください。

ネイティブがよく使う韓国語表現【밥부터 먹자】とは?

【밥부터 먹자】 の【부터】の意味

【밥부터 먹자】 に使われている単語はどれも初級単語ですよね。

でも、ここに出てくる【부터】は、時間の開始点を表す「~から」ではありません。

【부터】 は、「~から」という意味が意外にも、補助詞としてある行動の対象を表す言葉について、「まずそれから始める」という意味を表すことができます。

なので、 【밥부터 먹자】 も、「まずご飯からたべよう」という意味になります。

【밥부터 먹자】 の使い方

では、具体的な使い方を見ていきます。

【밥부터】と言う時点で、「まず」というニュアンスが入っているのですが、【우선】(まず、とりあえず)と言う副詞とセットで使われることが多いです。

우선 밥부터 먹자.

(まずはご飯たべよう)

【일단】(いったん)も相性がよく、セットでよく使われます。

【먹자】以外にも、【밥부터 먹고~】や、【밥부터 먹어야지】などいろいろな形で使われます。

일단 법부터 먹고 일하자.

(いったんご飯食べて仕事しよう)

그건 나중에 하고 밥부터 먹어야지.

(それは後でして、まずはご飯たべなきゃ)

【밥부터 먹자】の類似表現

【밥부터 먹자】 のように【부터】を使った類似の表現はたくさんあります。

挙げればきりがないのですが、よく日常会話で使われる表現を集めてみました。

「まずは〇〇」というニュアンス

【밥부터 먹자】と同じように、「まずは〇〇から」というニュアンスで使われる表現をまず挙げてみたいと思います。

이야기부터 / まずは話

ドラマでよく耳にするのがこちらのセリフ。「まずは話そう」といった状況で使われます。

여기 앉아서 이야기부터 해요.

(ここに座ってまずは話そう)

연락부터 / まずは連絡

「まず連絡して」と言いたい時にはこのように。

도착하면 일단 연락부터 해주세요.

(到着したら、まずは連絡してください)

담배부터 / まずは煙草

「まず煙草をやめないと」「まずはお酒をやめないと」と言うように相手に忠告するときにこのように。

건강해지고 싶다면 먼저 담배부터 끊어야 해요.

(健康になりたいならまず煙草をやめなければなりません)

손부터 / まずは手

「家に帰ったらすぐに手洗い!」って叫ぶお母さんのセリフは、こんな感じです。

집에 돌아오면 손부터 씻어라.

(家に帰ったらまずは手洗いしない)

생각부터 / まずは考え

【생각부터】で、「考えから~」という意味で使えます。

그런 생각부터 고쳐야 해요.

(まずはその考えから直さなきゃ)

「すぐに」というニュアンス

【밥부터 먹자】【부터】と同じくように「まずはそれから始めること」を表しつつ、「すぐに」「というニュアンスも感じられるような使い方もあります。

よく使われる表現をまとめてみます。

화부터 / すぐに怒りを・・・

顔を合わせればすぐ怒るといった状況では【화】 (怒り)に【부터】 をつかって「すぐに怒りを・・・」という感じで使えます。

무조건 화부터 내지 말아요.

(頭ごなしにすぐに怒らないで)

잔소리부터 / すぐに小言を・・・

次もおなじみの表現【잔소리부터】。「小言から始める」なんて日本語でもいいますよね。

과장님은 제가 오자마자 잔소리부터 했어요.

(課長は私が来るとすぐに小言を言いました)

야단부터 / すぐに叱責を・・・

「すぐに叱る」という場合にも、【야단부터 치다】が使われることが多いです。

아이가 해서는 안 되는 일을 했을 때는 야단부터 치지 말고 먼저 아이 마음에 공감해주세요

(子供がしてはいけないことをしたときは、すぐに叱らないでまず子どもの気持ちに共感してあげてください)

욕부터 / すぐに悪口を・・・

怒ると「すぐに悪口をいう」「悪口から始める」は、【욕부터 하다】になります。

화가 나면 욕부터 하는 버릇은 고쳐야 돼.

(怒るとすぐに悪口を言う癖は直さないとダメ)

「まず〇〇こそ」というニュアンス

次は、意味的には「まずは〇〇から」なのですが、なんとなく「〇〇こそ」というニュアンスも含んだ使われ方です。

당신부터 / まずはあなたこそ

例えば、歌詞なんかによく登場するのが次の表現。

「まずはあなたから幸せになって」=「あなたこそ幸せになって」というニュアンスでしょうか。

당신부터 먼저 행복하세요.

(まずはあなたこと幸せになってください)

너부터 / まずはあんたこそ

「お前こそちゃんとしろ!」なんて日本語でも言い返したりすることありますが、それも韓国語なら【부터】を使って表現できます。

남 뭐라 할 시간 있으면 너부터 똑바로 해.

(他人にあれこれいう時間があるなら、まずはあんたこそちゃんとしろよ)

「〇〇からして」というニュアンス

さらにちょっと【부터】の応用的な使い方。「〇〇からして」というニュアンスです。

例えば、名前がすごく美味しそうなお菓子があった場合「名前からして美味しそうな響きだなあ」と感じるときありますよね。そんな時に、【이름부터 맛있다】と言うことができます。

바로 이름부터 맛있는 ‘초코 치즈 호두 쿠키

(名前からしておいしい「チョコチーズくるみクッキー」)

他に、「見た目からして〇〇だ」「外観からして〇〇だ」と言う表現も【부터】を使って次のように表現することができます。

생김새부터 / 見た目からして

소문대로 생김새부터 남달라요.

(噂どおり見た目からして特別です)

겉보기부터 / 外観からして

겉보기부터 아주 고급스러워요.

(外観からしてとても高級感があります)

あとがき

いかがでしたでしょうか?

【밥부터 먹자】と言う表現ももちろんですが、【부터】を応用して使うと表現の幅が広がります。

初級単語の【부터】も使いようでちょっと上級っぽい韓国語に変身してくれます。

ぜひ、マスターして活用してみてください。

便利な表現
emronronをフォローする
ハングルプラス
タイトルとURLをコピーしました